*晴れ*時々*ぼんやり・・・ ひとりごと

小学校図書館での出来事や、読み聞かせ、私のつれづれなる日常も綴っていきます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1年生読み聞かせ  

今朝は、1年生の読み聞かせに行ってきました。
1年生は、本選びもとっても楽ですね。
今学期最後の読み聞かせでした。

読んだ本は

こんたのおつかいこんたのおつかい
(2004/04/21)
田中 友佳子

商品詳細を見る
(時間 4分)

コンタが、おかあさんに豆腐屋さんで「おあげ」と買ってくるようにおつかいをたのまれます。
こんたは忘れないように、「おあげ・おあげ・・・」と言いながら歩いていくのですが、
お母さんに通ってはいけないといわれている道を通ってしまい、怖いてんぐやおにやおばけに出会います。
すると、おあげ→てんぐ  てんぐ→おに おに→おばけ・・・と何を買うのかわからなくなって・・・
さて、こんたは何を買いたいんだっけ?とみんなに聞くと、「とうふ」って答える子が多数。
「え~、おあげだよ!!」とわかっていた子は大声で言って。
とってもおもしろかったです。

やんすけとやんすけとやんすけと (ミキハウスの絵本)やんすけとやんすけとやんすけと (ミキハウスの絵本)
(1988/05)
永井 鱗太郎、梶山 俊夫 他

商品詳細を見る
(時間  5分)

このお話を読んだあと、「やんすけと・やんすけと・やんすけと・・・」と何度も言っている子がたくさんいました。舌が回って、何回言えるか競ってました。楽しんでくれたようです。

カクレンボ・ジャクソンカクレンボ・ジャクソン
(2005/06)
デイヴィッド ルーカス

商品詳細を見る
(時間  5分)

恥ずかしがり屋の、ジャクソンを、絵本の中から必死で探して楽しんでいました。
前のほうに、たくさん寄ってきたので、「座ってみようね。」と何度も言うことになりましたが、
ストーリーがあって、探して楽しめる絵本なので、受けがよかったようです。

1年生は、かわいいですね。

スポンサーサイト

category: 読み聞かせ

tb: 0   cm: 0

たまには遊びも取り入れて  

先週は6年生の読み聞かせ。

選んだ本は、この前のブログで載せていた絵本。

羅生門羅生門
(2012/08/31)
日野 多香子

商品詳細を見る


主人公が鬼になる話なので、2月に読むのが妥当なのかもしれませんが、

昨年度から読もう読もうと思いながら、まだ読めていなかったので

読みました。

「羅生門っていうお話知ってる?」と聞くと、5人ほどが芥川龍之介の話を知っていました。

こちらは日野多香子さん作で、芥川さんのとはちがう創作絵本。

どちらも今昔物語を題材にとったものですが、

こちらは、最後には明るい希望の見える内容になっているし、小学生にも分かりやすい。

実際の羅生門(羅城門)のことや、時代の背景を少しお話してから読みました。

さすが、6年生。し~んとしてお話の世界に入ってくれました。

鬼は最初から鬼だったのではなく、周りの環境が人をそうさせてしまう。

学校の環境、家の環境、環境が良くなければ子どもたちは鬼になってしまうこともある。

学校や家庭に置き換えて、子どもたちの明るい未来のために、

先生や大人の方々にも読んでほしい絵本です。

少し時間があまったので、ちょっと頭の体操を・・・

机の上に、木の玩具を置いた。


知育玩具1知育玩具2

「この中にある赤いブロックを、触らないで出す方法を考えてみてね。」

はじめは、思いつかなかったようだが、10人の手が挙がる。

いろんな答えを言うが、「触らない」という条件に合わない答えばかり。

「首から上だよ。みんなができます。ある力を使います。」と、ヒントを出すと、

やっと「口で上から吹いて出す。」と、正解が出た。

実際にやってみたい人~!というと、2人が出てきた。

教卓の前で、クラスみんなの視線を浴びながら吹いて、

吹く力がたりなくて半分だけ出てまた落ちたり、

吹きすぎて、顔面に赤いのがぶつかって驚いたり、笑いでかなり盛り上がりました。

消極的になる年頃の6年生。たまには、こんな頭の体操で遊ぶのもよいですね。

category: 読み聞かせ

tb: 0   cm: 0

読み聞かせ  

読み聞かせの話題、アップするのを忘れていました。

先々週は、6年生から特別支援学級に変更になり、急いで本を選択。

読んだ本は 
いちべえぬまの101ちゃん  かこ さとし 作(宝くじドリームジャンボ絵本)
いちべえぬまの101ちゃん


オタマジャクシは春のおはなしですが、かえるさんの季節ということで・・・。

これは普通の大型絵本の倍ぐらいの重さ。

字もかかれていない絵本なので(文は小さい別冊)

担任の先生にめくっていただき、私が別冊で読みました。

2年生~6年生までが8人でしたが、みんな、おかあさんがえるを心配して

すごく聞き入ってくれました。結末はめでたしめでたしで、安心した表情でした。

3分ほど時間があまったので、もう1冊。

おもいのどっち?おもいのどっち?
(2011/04/16)
あきやま ただし

商品詳細を見る


おもしろい重さ比べで、「なんで、こっちが重いの?」「なるほど、そうか。」と

ページをめくるたびに、楽しんでくれたようです。





category: 読み聞かせ

tb: 0   cm: 0

5年生の読み聞かせ  

昨日は、地元小学校にて読み聞かせの日でした。
本選びする時間があまりないので、勤務校にある本を拝借。

読んだのは大型絵本
ここがせかいいち

富士山の世界遺産登録の話や、80歳で3度目の世界最高峰エベレスト登頂に成功したプロスキーヤーの三浦雄一郎さんの話、自作のクイズなどを交えながら読み聞かせ。
興味をもって、楽しんで聞いてくれました。
この本は、受けがよいです。
普通の大きさの絵本は出版されていないようなので、あれば貸出もできるのに・・・と思います。

そして、3分だけ余った時間で読んだのは
なぞなぞのみせ (なぞなぞえほん)なぞなぞのみせ (なぞなぞえほん)
(2011/09/03)
石津 ちひろ

商品詳細を見る


50こあるなぞなぞの中から8個だけ出題。
5年生なので、ほとんどの子がわかるものばかりで手をあげる子がたくさんいて
楽しい時間となりました。

来週は、6年生。
「羅生門」を読もうかなと思っています。
羅生門羅生門
(2012/08/31)
日野 多香子

商品詳細を見る

category: 読み聞かせ

tb: 0   cm: 0

今年最初の読み聞かせ  

今日は、地元小学校での読み聞かせでした。
今年初ということになります。
何年生かな?と、計画表を見ると・・・「6年生」
ちょっと、騒がしい男子がいるクラスでした。
「へびの恩返し」を読むつもりでいましたが、
朗読となると、このクラスはきっと、騒がしくなってしまうだろうと思って、
選んだ絵本は「泥かぶら」くすのきしげのり 作

泥かぶら泥かぶら
(2012/09/09)
くすのき しげのり

商品詳細を見る

(読み聞かせ時間 20分)
「泥かぶら」は、新制作座によって、日本全国・そして海外において、
もう15,000回以上も演じられてきた作品です。
それが、絵本になっていたので、ちょっと時間オーバーになりますが、読んでみることにしました。
小学生だと、6年生~がちょうどよい内容だと思います。

とても醜くて汚いと周りからさげすまれていた泥かぶらは、
旅の老人の「自分の顔を恥じず、笑顔で、人の身になって生きよ」
「そうすれば美しくなれる」という言葉を支えにして、どんな試練にも立ち向かい、
ほんとうの美しさを見出していきます。
お話の中にでてくるこずえさんがすごく意地悪で、それでもこずえさんを恨まず
心から親切にできる泥かぶらの様子を描いた場面が子どもたちの印象に残ったようです。
周りの人へ思いやりを持って生きることの大切さを子どもたちは感じてくれたかなあ?

この絵本、最後のほうに、人買いのおじさんが書いた手紙文がでてくるのですが、
活字でなく自筆なので、読み聞かせすると気に、とっても読み難くて・・・、
ここは数回練習しておくべきだったと反省しました。
すらすら読めなくて、何度か本を自分のほうにむけてしまいました






category: 読み聞かせ

thread: 読み聞かせ - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。